人間にとって必要な部分

私達は地面に立つ事が出来ます。何故立てるのかというと、骨が私達を支えてくれているからです。
支えてくれているだけでは、人間にとって大事な臓器や脳といった部分も骨で守ってくれています。
その為、骨は丈夫でなくてはありません。
しかし、だんだんと年を重ねるにつれて骨は脆くなっていってしまい、その状態の事を「骨粗鬆症」といいます。
そこで、骨粗鬆症の事について書いていきます。

■骨粗鬆症
普通骨というものは、カルシウムが作ってくれる事で丈夫になっています。
しかし、骨粗鬆症になってしまった骨というのは中が空洞のような状態になってしまっている状態です。
空洞状態という事はその分脆い状態という事なので、骨折を折りやすくなってしまうといったリスクがともなってきます。

■治療で改善する
骨粗鬆症はそのままの状態にしていると、生活するうえで何らかの支障がおきてしまう場合があります。
そのため、早期に治療をする事が大切となります。
治療する方法も薬や注射といったものと簡単な方法です。
また、注射の治療をすると骨粗鬆症で痛めてしまった腰や背中の部分の痛みを和らげてくれます。
なので、痛みがきている人は注射をやった方が、骨粗鬆症も治療出来て痛みも和らぐので一石二鳥となります。

おすすめサイト

archive

category

  • カテゴリーなし

calendar

2014年9月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930